メルロコ一家の横須賀ストーリー

お婆ちゃん犬メル、お母さん犬ロコ、娘モコ、息子どん。賑やかミニチュアダックスファミリーが10年暮らした鎌倉から横須賀へ引っ越しました。新天地で繰り広げられる相変わらず賑やかな日常を相変わらず治らない関西弁でお送りします。

2011年03月

午前中に美容院に行き 午後から上野と銀座に書道展を見に行ってきた。 そう あの高校の先輩の。 先輩が所属する団体の展覧会なのだが 組織が巨大なので1か所では展示しきれないらしい。 しかし。何度も言うが 「前衛書道ってサッパリよ、私」 で、今日はパパも午後か

つづきを読む

ママの大好きなファミ○ーマートの ペンネエビグラタン。 残業で遅ーくなってしまったので今夜の夕飯はこれ。 応援団付き。 食べてる途中 「玄関のカギを閉めたか」 が無性に気になってきた。 落ち着かないから見に行った。 「大丈夫」。 最近、自分のやることに

つづきを読む

もう、 くにゃくにゃ である。 原因は これ。 天気悪かったり昼間出かけてたりで しばらく干せなかったので久々の登場 「布団乾燥機」。 こんな幸せな寝顔見たことないって顔して寝ている。 1時間で切れますが。 すごい眼力。 関西ではこれ

つづきを読む

メル 「今食べてるカリカリの次はこれらしいで」 ロコ 「ふーん。今までのとどこがちがうの?」 メル「穀物ゼロらしい。 ママ言ってはったで 『ロコ最近太いわぁ』って。穀物が太る原因なんやて」 ロコ 「うち、そんなに肥えてないでぇ!」 メル 「これが証拠写真

つづきを読む

ロコがじーっとこっちを向いて ガルガル 唸り始めた。 小刻みに ジャンプ している。 「どっからでもかかってこんかい」状態だ。 これは 眠たい時 の動作。 こうなると相手してもらうまでまとわりつき 鬱陶しい事この上ない。 こういう時に使える技をこの

つづきを読む

ロコのヒートが始まって10日。 家の中も飽きたので 思い切ってバギーでお出かけしてみた。 定番・鉄板・お約束の 「山下公園」。 久しぶりの外。 めちゃくちゃ良い天気。 その割にはテンション低め のお嬢たち。 大さん橋 に移動。 ワンコがいないようなら

つづきを読む

ふたり並んで食事中。 メル遅し。まだ食べている。 彼女がモタついている原因は 「熱いから」。今食べているカリカリの粒が少し大きいのでがっついて食べた後、吐いてしまう事がある。で、熱湯ですこし柔らかくしてから与えている。いつもならもう少し冷ましてから与えるの

つづきを読む

朝からママはお出かけ。 夕方からパパも出かけ。 さて。 日ごろのワルサの罰があたり サークルに監禁状態でお留守番のお嬢たち。 こうしておかないとどこからか雑誌や新聞を出してきてズタズタにして 部屋一面ドカ雪状態になる。 ただいま~。 すでに 4時間 ほ

つづきを読む

週3日ほど外でお仕事してるママ。 出かけた直後のメルの落胆ぶりは凄い と常々パパが言うので今日は写真撮ってみよう。 さてと。 腕時計をはめた。 この時点ですでに落ち込んでいる。 上着を着た。 メルをなぐさめるロコ。ええ仕事しまっせ。 行ってきます

つづきを読む

ロコにパンツを穿かせる時は 必ずその上からロンパース(つなぎ)を着せる。 こうしておかないとあっという間にパンツを脱いでしまう。 で、パンツ穿かせた状態でロンパースをモタモタと着せていると これまたあっという間にパンツを脱いでしまう。 なので先にロンパー

つづきを読む

↑このページのトップヘ