メルロコ一家の横須賀ストーリー

お婆ちゃん犬メル、お母さん犬ロコ、娘モコ、息子どん。賑やかミニチュアダックスファミリーが10年暮らした鎌倉から横須賀へ引っ越しました。新天地で繰り広げられる相変わらず賑やかな日常を相変わらず治らない関西弁でお送りします。

2019年06月

午後3時半お出かけの準備が整いました。じわっと暑いですが楽しそうです。メル婆がオーバーヒート気味。今年13歳。人間の歳に換算するのはやめました。今がいくつかなんて関係ない。この子はきっと100まで生きるんです。こんなこともあろうかとパパはちゃんとスリングを着け

つづきを読む

朝7時半。化粧してるアタシの所に元気よくすっ飛んできて朝の挨拶。でもそれっきり固まって動かず。ほれ、パパ呼んでるで!やっぱり。朝ごはん食べたくないんだ。どんニイに食べてもらい。

つづきを読む

夕方、クロネコさんがやってきた大阪のMちゃんからでした大きな紙袋の中にはいろいろと美味しそうな物がいっぱい入っていました届いた瞬間からテンションアゲアゲなロコ中には美味しそうなお菓子がいっぱい美味しいなぁ美味しいなぁ実は荷物のメインはモコどんのオヤツ来週お

つづきを読む

明け方4時から始まった母娘プロレス頼むからベッドの下でやってくれ仕事に行ってくるよ〜娘と孫に教育しといてくれ〜

つづきを読む

家を出てバス通りに出てしばらく行くと高校の正門があるのですがその前を通る時必ずモコが止まります固まって動かなくなります誰に似たのか強固に地面に貼りつく仕方なくパパが抱っこ校門が見えなくなるとまた快調に歩き出す何がやーっ❗️月曜日は満月でしたね。

つづきを読む

毎日こんな感じで寝ている私たち。

つづきを読む

嵐の土曜日から一転快晴の日曜日ヨコハマの桜木町におりましたいつものマルシェに向かってますはいミッションはそれだけです赤糖房と書いて『あかとんぼ』店員さんとはもう顔なじみになってしまいました和歌山からやってくるプチトマト和歌山の友人に『送って』と言ったら『

つづきを読む

土砂降りの午後、佐川のおにーさんが届けてくれました。ホンマに申し訳ないくらいのすっごい豪雨でしたありがとう飛脚〜うん間違いなくアンタらのやそーなのもうぎりぎりでしたこれでだいたい40日分1日3枚の計算ですねカリカリの配達かな、と沸いてますちがうて❗️色々試

つづきを読む

ママはどこに寝るんだい?ママの羽毛枕は大人気ま、シアワセそうだから。

つづきを読む

終日会議でお江戸へ行ってました。リュックいっぱいの資料を持っていたので帰りはグリーンを使いました。でも今日はそれほど混んでない。前回もう少し遅い時間に帰る時はグリーンでも途中まで座れなかった。 帰ったら即ごはん。豚肉とナスの蒸し物。美味しかった。 食後は

つづきを読む

↑このページのトップヘ