昨日の記事にいただいたコメントに
「メルちゃんの事を書いて」
というものがありました。


今でこそ毎日シャッターチャンスを狙って
首からスマホをぶら下げる生活をしていますが
ブログをしていなかった頃は
ほとんど写真を撮っていませんでした。

私がブログを始めた時
メルは3歳、ロコは1歳になっていました。
なのでそれより前の画像がないんです・・・

と思っていたのですが・・・

ガラケー時代の画像が
古いUSBに保管されているのを
見つけました。

良い機会なので
メルの小さい時の写真を
少し掲載したいと思います。

古い画像なので画素が荒くて
小さいですがご容赦ください。



m-20200326-1

我が家に現存する
最も古いメルの写真です。

パパが所用で実家近くの商店街の
とある店に立ち寄った時、
その店でしばらく
待たされる事になりました。

持て余したパパが
隣のペットショップに
ふらりと立ち寄りました。

その時メルに出会ったんです。
メルはその店のバックヤードで
新しいお家に行く準備をしていました。

メルはショーケースに並ぶ事なく
ブリーダーからこの店を経由して
そのまま新しいお家に行くことが
決まっていたのです。

ところが。

メルに一目惚れしたパパは
そのままお金を払って
メルを
「ご予約」してしまいました。



m-20200326-4

1週間後、
パパと一緒に
お迎えに行った時の写真です。

パパはメルを買っちゃった事を
しばらく私には黙ってました。

私は猫は飼ったことがありましたが
犬と暮らしたことはなかったのです。

「嫌がられたらどうしよう」と
心配したのでしょうね。




m-20200326-2

初めてのワンコ。
どうしたらいいか分からなくて
いろんな本を読んだり
ネットで調べたり。

「一緒に寝てはいけません」

「小さいうちはケージに入れて
決まった時間に短時間だけ
触れるようにしましょう」

経験値ゼロの私は
これらをかたっぱしから実行しました。

そしたらメルは寂しがって
夜な夜なピーピー泣きまくり。

今から考えると
そりゃそだろ。

寂しくって仕方ないよ。
生後2ヶ月ちょいだもの。
親がいないと寂しいだろ。

我が家のわんこの中で
メルは最も寂しい赤ん坊時代を
過ごしました。

もっと一緒に寝てやればよかった
もっと抱っこしてやればよかった
マニュアルなんて気にせずに。

今でもメルの顔を見るたびに
「ごめんね」と呟く私です。




m-20200326-3

懐かしいなぁ。

お散歩デビュー前の子犬の飼い主の方に
言いたい。

いっぱい写真撮っておいて

いっぱい抱っこしてあげて

いっぱいいっぱい
頬ずりしてあげて

いっぱいいっぱい
愛してあげてください。

その子はついこの間まで
親ときょうだいと
一緒に暮らしていたのに
急にひとりぼっちに
なってしまったんですよ。

その子にはもう、
アナタしかいないんですよ。

なんだか泣けてきた・・・
続きはまた明日。


ランキングに参加しています〜
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ


LINEリンク300