銀行へ行った帰りにスーパー に寄った。




入り口の前のベンチに

ミニチュアダックスを4匹つれた男性が座っていた。

奥さまか誰かが買物を終えて出てくるのを待っているんだろう。




こういう状況をスルーできるほど

丈夫な意思を持っていないので当然

「きゃーーっ!

触ってもいいですかぁぁ!」


となってしまう。




3匹はレッド。1匹だけ黒タン。

「きょうだいですか?」と訊くと

端から指差し

「お母さん・娘・娘・息子」です。




おおっ、この黒タンは男の子なんだ。

「かわいいですねぇ

みんな人懐っこくて」


「ええ。でもこのオスが

怖がりで、編食で、泣き虫で」


なるほど。でもこの息子、強烈にチャーミング。

さっきからひとりでくるくる回ってる。




「お名前はなんていうんですか?」

「・・・・」






聞こえなかったかな?と思ったら教えてくれた。

端から指差し、

「これが母親のポン、

で、娘のカン、チー・・・」


じゃあ息子は「ロン」やろっ!

心の中で叫ぶ私。 





「で、黒いのが フリ」




「えっ…ふりっ?!」




「そう。フリテンのフリ」









この突っ込みどころ満載の名前に

「かぁわいそぉにーーーっ」

つい声に出して言ってしまった。



なんで「フリテン」なん?

流局の「リュウ」とか

テンパイの「テン」とか

もうちょっとマシなヤツ

あるやろぉぉぉっ!


心の中で叫ぶ私。




「なんとなく…」





…まあ、飼い主がそれでええと思ってつけたんやろから…。



でもなんとなく…この黒タンくんの顔、
目の周りがまあるく茶色でリャンピンに似てるなぁ。
うっかりロンするとフリテンしそうな顔だ…

君の顔見てたら麻雀したくなってきたよ。



♪~~~ようお越し~~~♪

036_20110211233220.jpg
いえいえ。滅相もございません。
でも明日はちゃんとお散歩行って、写真撮って、ちゃんとネタ繰って
がんばりますぅぅぅ。




今日はこれでお許しを。
これに懲りずまたのお越し、お待ちしております。
 
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ