木曜日は
メル婆の皮下補液の点滴と
ロコの痔の診察。





m-20220325-1

破裂した左側の袋は
ほぼ良くなりましたが
右側の袋にすこし炎症っぽい
汁が溜まってました。









m-20220325-3

今日もがっつり
絞ってもらいました。

破裂した傷はほぼ
修復してましたので
この先は
パパで対応可能です。



この後メル婆の点滴も
無事終了。



てわけで




m-20220325-2

さくっと鎌倉散歩して
帰りましょう。

実は用事のないモコどんも
一緒に来てます。








IMG_3602

元気なくせに
今日は歩く気が無いらしい。








m-20220325-4

今日は最高の
お散歩日和。












m-20220325-5

鶴岡八幡宮です。

卒業旅行と思しき
女の子同士、男の子同士
という観光客多し。








m-20220325-8

今日は大銀杏に着目。


鶴岡八幡宮には
有名な御神木、
樹齢1000年ともいわれた
『大銀杏』がありました。

私が初めて記事にしたのは


倒壊してから1ヶ月後。

この時は

◯倒れた大銀杏の根を再度植えなおす。

◯若木を挿し木する。        

◯地中に残った根から芽(ひこばえ) 
が出るのを期待する。      

この3つの対応がとられました。


結局
『ひこばえ』だけが生き残りました。
大銀杏は1000年生きてきた場所を
もう一度選んだということです。








m-20220325-9

「はいからさんか通る」風の
袴にブーツのお嬢さん。


ママの通ってた短大では
袴を自分で着る
授業がありました。

成人式と卒業式は着物で、

という学生も
多かったのですが

ブーツ履くんやったら
着物着るのやめよし。
袴は礼服です。
ちゃんと
草履を履きなさい。

と先生に言われたものです。

着物には着物の
ルールがあると
思うのです。

好きなように着崩して着る
現在の風潮に
どーも違和感が・・・

まあ、何十年も前の短大の
話ですが。

ちなみに着付けの先生は
祇園の舞妓さんに
着付けをする
プロの方でした。


ポチっとよろしくお願い致します。




メルロコのお洋服はこちら
IMG_6749